投稿者「シャランB」のアーカイブ

犯罪性のある詐欺トラブルに泣き寝入りは禁物!!

特に高年齢層の人に多いのですが、詐欺のトラブルに遭遇してしまうケースも多いのです。

生活トラブルの中でも、金銭的な被害を直接受けてしまうことから、かなり重大な問題だと言えます。
代表的な詐欺と言えば、オレオレ詐欺、振込詐欺、訪問詐欺などが挙げられます。

これらの詐欺の厄介なところは、騙し取られたお金を全て取り戻すことが難しいですし、そもそも詐欺だと気づかないケースすらあるのです。
また、高年齢層の人だけでなく、若い年代の人や中高年の人でも詐欺のトラブルに遭ってしまうケースは多いです。

若年層の人は、特に携帯電話やパソコンによる詐欺に遭ってしまうことが多いです。

ワンクリック詐欺であったり、メールによる架空請求などの詐欺が非常に多く、相手業者に脅されてお金を払ってしまうのです。
これらの詐欺トラブルに遭遇してしまったら、まずは冷静に対処するようにしましょう。

まず、いかなる場合でも絶対にお金を払わないようにして、たとえ相手業者に脅されたとしても、一切無視するようにしましょう。
そして、もしもお金を払ってしまったのであれば、警察や弁護士に相談をするようにしましょう。

場合によっては騙されたお金が戻ってくる可能性もあるので、決して泣き寝入りしてはいけません。

家電トラブルの場合

生活トラブルの中でも、故障関連のトラブルは最もよく起きがちだと言えます。

テレビ、クーラー、冷蔵庫、水道、トイレ、洗濯機、このあたりが故障してしまったら、どう対応すればいいのでしょうか?

もちろん、自分ができる範囲であれば自分でやればいいのですが、そこまでの知識や技術がない人がほとんどだと思います。

ちょっとしたトラブルならまだしも、上記のような大きな問題が起こったのであれば、専門の業者にお願いするのがいいでしょう。
したがって、いつ故障をしても大丈夫なように、各ジャンルの業者の連絡先はメモして残しておくようにしましょう。

そうすることで、故障をしても慌てる必要がありませんし、連絡をして修理に来てもらえるのです。
ただ、故障の状況によっては、修理をしても直せない可能性もありますし、修理をするよりも新しく買い換えた方がいい場合もあります。

ですから、そのあたりのことも考えた上で、修理をしてもらうか新しく買い換えるか、判断するようにしましょう。
また、業者によっても対応がかなり違ったり、親切に対応してくれる業者もいれば、お世辞にも優良業者とは言えないところもあるので、業者選びというのも結構重要になってくるのです。

交通事故トラブルは慎重に行う

生活トラブルの中でも、交通事故は生命に関わる重大な事故になりかねないので、もちろん交通事故は起こさないこと、被害に遭わないことが最も望ましいです。
ただ、それでも毎日のように交通事故のニュースが報道されていることもあり、いつ自分が交通事故に遭ってしまうか、あるいは起こしてしまうか分からないのです。
ですから、交通事故を起こさないことが最も大事ではあるのですが、もしも交通事故を起こしてしまった場合、あるいは被害に遭ってしまった場合に、その後の対処法であったり、賠償問題に関しても知っておくことが大事なのです。
さて、交通事故の賠償問題に関してですが、もちろん基本的に交通事故の加害者が被害者に対して、賠償金を支払うことになります。

ただ、賠償金に関しては当事者の過失の方も考慮されることになるのです。
例えば、被害者側も法定速度を違反していたり、安全確認を怠っていたのであれば、たとえ加害者の方に責任があったとしても、過失相殺によって賠償金額が減少することになるのです。
したがって、加害者側も被害者側も、必ず法律による手続きを通じて、ちゃんとした賠償金を算定してもらう必要があるのです。

場合によっては裁判になることもありますが、それも決して珍しいことではないのです。

法律トラブルは専門家にオマカセする

自分の子供が他の子供に怪我をさせてしまい、治療費を請求されてしまった。

知人にお金を貸したけどなかなか返してもらえない。

マンションの管理人からの費用請求に納得できない。

会社から残業代を支払ってもらえない。
このように、長い人生を生きていると、法律のトラブルに巻き込まれたりすることもあるのです。

生活トラブルの中でも、法律関連のトラブルは非常に厄介ですし、専門知識も必要となることから、本人と当事者だけで解決をすることは極めて困難のなのです。
ですから、このような法律のトラブルが生じたのであれば、必ず専門家に相談するようにしましょう。

基本的には弁護士に相談することなるのですが、相談だけならそこまでお金もかかりませんから、くれぐれも自分だけで解決しないようにしましょう。
法律のトラブルというのは、被害者側にも加害者側にもなる可能性があるので、どちらの場合でも大きな不利益を被る可能性があるのです。

迅速に対応をしなければ、さらにトラブルが大きくなってしまいかねないのです。
もちろん、1番いいのはトラブルに巻き込まれないことですから、どう過ごせばトラブルが起きずに済むのか、そこを常に意識しておくようにしましょう。

消費者トラブル事例
沖縄ソープ風俗